2023秋冬野菜

無農薬栽培での、のらぼう菜の育て方。11月中旬から月1回程度の頻度で追肥をしているのらぼう菜(なばな・菜花)。越冬栽培しているのらぼう菜は、2月下旬頃が摘心時期になります。のらぼう菜は、摘心すると脇芽の発生が促進されて、3月頃から収穫 ...

2023秋冬野菜

畑作栽培での玉ねぎの育て方。玉ねぎ(極早生タマネギ)は、2月頃になると、2回目の追肥のタイミングになります。この追肥は、玉ねぎの「止め肥」になります。止め肥以降に玉ねぎに追肥すると、収穫後の保存性が低下したり、玉ねぎの味が落ちたりする ...

2023秋冬野菜

地植え栽培での、そら豆の育て方。今回は、摘心後のそら豆(唐比の春ソラマメ)に追肥をします。越冬栽培中のソラマメの追肥時期は、1月中旬から下旬頃。追肥の仕方は、そら豆の株間に穴をあけて肥料を入れます。追肥の肥料は、鶏糞を使用します。そら ...

2023秋冬野菜

マルチング栽培での、そら豆の育て方。今回は、越冬栽培中のそら豆に摘心をします。そら豆の摘心時期は、1月中旬から2月中旬頃になることが多いです。摘心箇所は、ソラマメの主枝です。摘心の仕方は、そら豆の主枝を根元でカット。ソラマメは脇芽が多 ...

2023秋冬野菜

露地栽培での玉ねぎの育て方。前回は、玉ねぎ(極早生タマネギ)の苗の植え付けでした。それから約45日が経過。今回は、玉ねぎに追肥をします。タマネギの追肥のやり方は簡単です。株の周りに肥料をひとつまみ蒔いて、土と混ぜるだけ。有機栽培の玉ね ...

2023秋冬野菜

オーガニック栽培での、そら豆の育て方。そら豆は、種まき時期から約1ヶ月が経過。今回は支柱立てについて解説します。そら豆の支柱の立て方は、区画の四隅に1本ずつ立てます。支柱は、150cmの長さのものを使用します。支柱立てが済んだら、そら ...

2023秋冬野菜

オーガニック栽培での、のらぼう菜の育て方。前回は、のらぼう菜の苗の植え付けでした。それから1ヶ月が経過。今回は追肥をして、のらぼう菜に肥料を補います。肥料は適度な量を追肥して下さい。肥料が多いと、のらぼう菜に害虫が寄ってきます。

2023秋冬野菜

畑作栽培での、カブの育て方。種から育てたカブ(スワンかぶ)が収穫時期になりました。スワンかぶは、9月上旬が種まき時期で、9月下旬には間引きを2回して、10月下旬に収穫時期となりました。カブは、追肥は必要なく、元肥だけでもしっかり育ちま ...

2023秋冬野菜

自家栽培での玉ねぎの育て方。今回は、玉ねぎの苗の植え付けを行います。今季栽培する玉ねぎは、極早生の品種です。極早生の玉ねぎの植え付け時期は、10月中旬頃が適期。玉ねぎ苗の植え方は、浅植えが基本です。(2.5cmくらいの深さまで植えます ...

2023秋冬野菜

露地栽培での、そら豆の育て方。そら豆(ソラマメ)は越冬栽培するので、種まき時期の適期は10月中旬頃です。種まきに使うそら豆の品種は、唐比の春(からこのはる)です。そら豆の種の蒔き方は、点まきで、1穴に1粒まきます。おはぐろという黒い筋 ...