2021春夏野菜

ミニトマトは脇芽を摘みながら栽培するのが基本の育て方ですが、今年は1本残して2本仕立てで育てます。脇芽かきは小さいうちに。摘み方は、手で折り取るのが良いです。

2021春夏野菜

サンチュの間引きのタイミング。うちのサンチュは、種まきから1ヶ月以上が経過。2株、3株出ているところが窮屈そうになってきたので、間引きすることにしました。

2021春夏野菜

枝豆の間引きの時期について。枝豆は、初生葉(子葉の次に出る葉)が出た頃に間引きを行います。この間引きをしたタイミングで、土寄せもやっておくとよいです。

2021春夏野菜

甘唐辛子の生育初期は、実の収穫よりも株自体の成長を優先させるので、蕾や花は早めに摘んでしまいます。植え付けから日数が経ち、茎も伸びてきたので、支柱を仮支柱から本支柱に立て替えました。

2021春夏野菜

小玉スイカは、区画に支柱を立てて、空中栽培します。支柱の立て方は合掌式です。実の重さに耐えられるよう、頑丈に作ります。

2021春夏野菜

今回は、カブの種まきです。カブの種は、発芽に光が必要な「好光性種子」です。なので、浅いところにまいて鎮圧。種まき後は、種を保護するため不織布をかけました。

2021春夏野菜

今回はバジルの種まきです。バジルは、ミニトマトのコンパニオンプランツとして育てます。コンパニオンプランツとは、相性の良い野菜や植物の組み合わせのことです。

2021春夏野菜

白ナスと甘唐辛子の苗の植え付け方。苗は、植え付け前に水に浸し、吸水させておきます。植え付け後は、横に仮支柱を立てて、白ナスと甘唐辛子が倒れないようにします。

2021春夏野菜

畑に、ミニトマトと小玉スイカの苗を植え付けました。苗は、植え付けの前に水につけて吸水させておきます。植え付け後は、仮の支柱を立てて、ミニトマトと小玉スイカの株を支えるようにします。

2021春夏野菜

枝豆の栽培、今回は種まきです。マメ科である枝豆の種は、鳥に狙われやすいので、種まき後にネットをかけました。