ミニトマトの育て方(脇芽かき&2本仕立ての準備)

今回はミニトマトのお世話。脇芽かき(脇芽を摘むこと)をします。

ミニトマトの脇芽かき

ミニトマトは、植え付けから約20日が経過。脇芽の発生が増えてきたので、摘んでスッキリさせます。

ミニトマトの主茎と葉と脇芽

ミニトマトの植え付けは、4月終盤に行いました。

脇芽を伸び放題にしていると、脇の方にも栄養が分散するので、実自体がつきにくくなりますし、なっても小さい実だけということになってしまいます。なので、出てきた脇芽は早めに摘むようにします。(小さいうちに摘んだ方が、株への負担が少ない。)

脇芽は、葉の付け根から出てくる小さい芽です。摘み方は、脇芽の根元を指でつまみ、折り取るようにします。取り損ねて大きく育ててしまうと、「どれが主茎で、どれが脇芽?」と見分けがつかなくなるので、注意しましょう。

脇芽はつまんで折り取る
摘んだ脇芽

トマト(ミニトマトに限らず、大玉トマトや中玉トマトも。)は、傷口・切り口から病気になりやすいので、脇芽摘みはできるだけ晴れの日に行うようにしましょう。(晴れだと傷がすぐに乾く。)あと、ハサミを使う場合は、清潔なものを使うようにします。

脇芽かきはなるべく晴れた日に行う

中玉トマトや大玉トマトなどは、出てくる脇芽を全て摘み、主茎1本だけを残す「1本仕立て」という方法で育てることが多いですが、今年は「2本仕立て」で育ててみます。(トマトの2本仕立て=主茎1本+脇芽1本で育てる。)

去年のトマト栽培は1本仕立て
今年のミニトマトは、2本仕立て

残す脇芽は、花がついている「花房」のすぐ下が良いと思います。花房のすぐ下の脇芽は、勢いよく育ってくれるので、残す脇芽に適しています。(残した脇芽は、2本仕立て用の「側枝」として育てる。)

花房直下の脇芽を残す

以上で、ミニトマトの脇芽かき、2本仕立ての準備は完了ですが、脇芽は成長すると次々に出てくるので、不要なものは早めに摘むようにします。残した脇芽の方は、伸びてきたら太い支柱を立て、そちらへ誘引します。

不要な脇芽は早めに摘む

去年の脇芽摘みの記事はこちら。良ければ参考にどうぞ。

今回の記事の動画版はこちら。

ミニトマトの育て方(脇芽かき&2本仕立ての準備)- YouTube