2020秋冬野菜

今回はイチゴのお手入れと、春ブロッコリーや春キャベツ、リーフレタスなどの成長具合のチェックを行いました。

2020秋冬野菜

ここ数日の暖かさで、茎ブロッコリーとナバナの蕾が開花。畑にも春の気配が近づいています。リーフレタスの方は、最後の間引きを終えました。残した株が大きく育ってほしいです。

2020秋冬野菜

リーフレタスは、じわじわ大きくなって、3回目の間引きです。ナバナは3回目の追肥作業。前回の追肥が去年の12月なので、約2ヶ月ぶりです。

2020秋冬野菜

約10日前に保温ビニールをかけた茎ブロッコリーとナバナ。脇芽がある程度伸びてきたので、収穫しました。

2020秋冬野菜

休眠させていたイチゴの黒マルチを戻して、枯れ葉や蕾を摘みました。リーフレタスの方は、2回目の間引きです。

20-21冬春野菜

真冬は育てられる野菜が少なく、使わない畝もあったりするので、この機会に寒起こしをします。寒起こしとは、冬の寒さを利用した土の消毒、土壌改良作業のようなものです。畝を掘り起こし、土を寒風にさらします。

2020秋冬野菜

休眠中のイチゴに追肥をします。春からの成長に備えての栄養補給です。株間に鶏ふん10cc×4株分を与えます。

2020秋冬野菜

11月初旬に植え付けて、年越しした春ブロッコリーと春キャベツ。今回初めて追肥をします。追肥に使う肥料は鶏ふんです。

2020秋冬野菜

去年の9月中旬から育てている茎ブロッコリー。5回目の追肥を行いました。リーフレタスの畝は、防虫ネットを撤去し、不織布だけにしました。

2020秋冬野菜

リーフレタスの間引きや、茎ブロッコリー&ナバナの収穫、イチゴの摘蕾などを行いました。