2021秋冬野菜

ラディッシュの収穫時期について。ラディッシュは、土の上に出ている部分が直径2~3cmになったら、収穫のタイミングです。葉っぱの枚数と大きさも収穫の目安になります。大きい本葉が5~6枚になったら、そろそろ収穫時期です。

2021秋冬野菜

大根の間引き時期について。大根は、子葉が出た頃、本葉3~4枚の頃、本葉5~6枚の頃、3回のタイミングで間引きをします。間引きした大根葉も美味しく食べられます。

2021秋冬野菜

ラディッシュの土寄せの時期について。ラディッシュは、本葉が出て、根元の肥大部分(胚軸)が地面の上に出てきたら、株元に土を寄せます。土寄せするタイミングで、根元の土を少しほぐしておくと、株元の通気性が良くなります。

2021秋冬野菜

今回は、キャベツ、ミニ白菜、茎ブロッコリーの苗を植え付けます。秋冬野菜の苗は繊細なので、丁寧に植え付けます。植え付け後は、防虫トンネルを設置して、害虫の侵入を防ぎます。

2021秋冬野菜

大根、ラディッシュ、パクチーの種まきの方法について。大根とラディッシュは1穴に4粒、パクチーは1穴に8粒の種をまきます。種まき後は不織布をかけて種を保護。水やりは土が湿る程度にします。防虫トンネルを作っておくと、害虫対策になります。

2021秋冬野菜

ラディッシュとパクチーの土作りについて。まず、肥料を入れる前に、苦土石灰で土の酸度調整をします。苦土石灰は土に馴染むまで1週間ほどかかるので、畑に肥料を入れるのは、苦土石灰を投入してから1週間後になります。使う肥料は、牛ふんと油かすで ...

2021秋冬野菜

今回は、畑に設置する「トンネル」を作ります。秋から冬の寒くなる時期には保温用のトンネル、春先には害虫やカラス除けのための防虫トンネルなど、何かと使うことが多いので、作り方を覚えておくと便利ですよ。

2021秋冬野菜

大根は、又根(根っこが二股に分かれること)や曲がりを防ぐため、地下約30cmの深さまで耕しておくと良いです。肥料もまんべんなく土と混ぜておきます。石の塊なども股根の原因になるので、取り除きます。

2021秋冬野菜

今回から2021年秋冬野菜の栽培がスタート。キャベツとミニ白菜と茎ブロッコリーのための土作りです。肥料は、牛ふんと鶏ふんと油かすを使います。(有機肥料は、土に馴染むまで3週間~1ヶ月くらいかかります。)

2021春夏野菜

今回は、夏の暑さを利用して、土の消毒をします。太陽熱を利用した土壌消毒なので、安心・安全です。秋冬野菜がよく育つように、春夏の間に発生した病害虫をリセットしておきましょう。