2021春夏野菜

モロヘイヤの間引き時期について。モロヘイヤは、隣の株と葉が重なるようになってきたら、間引きのタイミングです。根元から引き抜くと、残った株の根を傷めることがあるので、地際をハサミでカットします。

2021春夏野菜

白ナスの2本仕立てのやり方。ナスの仲間は、草丈が伸びて、枝が太くなってきたら、2本仕立てにします。1本目の支柱は、一番太い主枝に。2本目の支柱は、脇芽(側枝)の太いもの(一番花のすぐ下の脇芽)に沿わせます。

2021春夏野菜

小玉スイカの空中栽培では、受粉後に実が付き、実の直径が7~8cm程度になったら、ネットをかけます。かけ方はいろいろありますが、今回はハンモック型にしました。下から実を支えるようにすると、ツルにかかる負荷も減らせます。

2021春夏野菜

4月の終わりに植え付けた甘唐辛子が、収穫時期になりました。追肥と剪定、整枝を定期的に行えば、10月くらいまで収穫できます。(追肥は、3週間~1ヶ月に1回。剪定、整枝は、混み合ったら適宜。)

2021春夏野菜

小玉スイカの追肥時期について。小玉スイカは、受粉成功後が追肥のタイミングです。実が少し大きくなり、鶏卵大になったら追肥しましょう。追肥量は、鶏ふん20ccを2ヶ所です。

2021春夏野菜

ミニトマトの追肥の時期について。ミニトマトは、最初(第一果房)の実が大きくなってきたら、追肥のタイミングです。ミニトマトは肥料が多いと、葉ばかりが茂ったり、果皮が硬くなったりするので、肥料は少なめにします。

2021春夏野菜

枝豆の水やりの時期・やり方について。枝豆は、花が咲いたら水やりを始めます。乾燥すると花が落ち、実が付きません。実の詰まった枝豆を収穫するには、定期的な水やりが欠かせません。

2021春夏野菜

甘唐辛子は、枝葉が混み合ってきたら、剪定のタイミングです。株の中央をあけるように剪定すると、風通しが良くなります。脇芽摘みもやっておきます。脇芽の摘み方は簡単。指でつまんで折り取るだけです。

2021春夏野菜

小玉スイカの受粉方法について。やり方自体は、おしべとめしべをくっつけて、花粉を受粉させるだけなので簡単です。受粉後、成功していれば、小玉スイカの実が大きくなってきます。雨の日は、花粉が湿るので、成功率が低くなります。

2021春夏野菜

カブの間引きの時期について。今回は、種まきから約3週間が経過し、本葉が出てきた段階で間引きしました。間引く時は、隣の株を傷つけないよう気を付けましょう。