2021春夏野菜

畑に、ミニトマトと小玉スイカの苗を植え付けました。苗は、植え付けの前に水につけて吸水させておきます。植え付け後は、仮の支柱を立てて、ミニトマトと小玉スイカの株を支えるようにします。

2020秋冬野菜

去年の9月終盤から育て始めたイチゴ。最初の方に開花&受粉したものが色づいてきたので、収穫します。

2021春夏野菜

枝豆の栽培、今回は種まきです。マメ科である枝豆の種は、鳥に狙われやすいので、種まき後にネットをかけました。

2020秋冬野菜

イチゴはカラスに狙われやすい果物なので、早いうちに対策することにしました。カラス対策に使う資材は、防虫ネットと不織布。ネットをかけた後、イチゴが見えないよう不織布で隠しました。

2021春夏野菜

今回は、サンチュの栽培区画に種まきをしました。サンチュの種は、発芽に光が必要な「好光性種子」です。なので、種まき後は、土を薄めにかけるようにしました。

2021春夏野菜

今回は、枝豆栽培のための土作りです。マメ科野菜は、通常、施肥無し(肥料を入れない)で育てるのですが、畑の水はけが悪いので、牛ふん堆肥だけ入れることにしました。

2020秋冬野菜

イチゴの人工受粉をしてみました。受粉の仕方は、筆でイチゴの花の中心をなでるだけ。簡単な方法なので、イチゴの栽培をしている方はお試しあれ。

2021春夏野菜

ミニトマトと小玉スイカを栽培するための土作り。肥料は、牛ふん堆肥と鶏ふんが基本で、小玉スイカの方だけ油かすを追加しました。土は深めに耕し、畝も高めに作りました。

2021春夏野菜

2021年春夏野菜の栽培スタート!今回は、甘唐辛子とサンチュと白ナスを栽培する区画の土作りです。畑の水はけがあまり良くないので、畝を高めに作りました。高畝にすることで、通気性や根張りも良くなります。

2020秋冬野菜

イチゴの実ができた時のことを考えて、株の周りを不織布で囲うことにしました。不織布がクッションの役割をするので、イチゴが傷みにくくなるはず。あと、コーヒーかすでナメクジ対策も行いました。