2022春夏野菜

枝豆の栽培方法。枝豆は、植える時期(種まき時期)が5月のGWあたりなので、その1ヶ月前くらい(3月終盤~4月頭)に土作りをします。枝豆は、根につく根粒菌が栄養を作ってくれるので、基本的に肥料は必要無いです。ミニトマトも、植える時期(植 ...

2022春夏野菜

今年の春夏は、ミニパプリカ、サンチュ、長ナスの育て方から。まず、栽培用の土作りから行います。今年は、土の改良材として、「ココピート」と「ゼオライト」を使います。ココピートとは、水はけ、通気性を良くする改良材。ゼオライトとは、肥料の流亡 ...

2021秋冬野菜

今回はイチゴの枕を作ります。イチゴの枕とは、不織布や敷き藁を使った「汚れ防止対策」のことです。イチゴの実(特に熟してきた実)は傷みやすいので、敷き藁や不織布、その他代用品などを用いて守ってあげましょう。

2021秋冬野菜

寒起こしとは、冬の寒さを利用した「土のリフレッシュ」です。やり方は簡単。使っていない畝の土を掘り起こし、放置するだけ。肥料は使いません。寒起こしすると、病害虫退治や土壌消毒の効果が期待できます。農薬や薬品を使わないので、環境にも優しい ...

2021秋冬野菜

今回は、休眠状態のイチゴのお世話です。地植え(露地栽培)のイチゴは、冬の間、寒さにさらしていましたが、そろそろ畝の保温を再開します。土のマルチ被覆を再開して地温を保ち、春からの成長に備えます。

2021秋冬野菜

スナップエンドウ(つるなしタイプ)は、冬越し中で成長が鈍いですが、追肥をします。冬の厳寒期は、肥料が効くのに1ヶ月ほどかかるので、早めに追肥をしておきます。春先に成長するための準備です。

2021秋冬野菜

イチゴ(地植え・露地栽培)の冬のお世話。今回は追肥で肥料を補います。冬は、肥料が効くのに約1ヶ月かかるので、それを見込んで追肥をします。今回入れた肥料は、春先からのイチゴの成長に効いてきます。

2021秋冬野菜

スナップエンドウ(つるなし種)の冬越しの準備をしました。まずは間引きをして、次に、支柱と誘引用の紐を設置。最後は、防寒対策として、支柱の周りに不織布を巻き付けました。区画全体を囲ったので、霜除けにもなります。

2021秋冬野菜

地植えのイチゴの休眠について。イチゴは冬に休眠させて冬越しすると、春に目覚めて、花と実をつけます。やり方は簡単。寒さにあてるため、マルチをめくって土を露出させます。

2021秋冬野菜

茎ブロッコリーの収穫時期について。茎ブロッコリーは、摘芯から約2週間後くらいが収穫のタイミングです。脇芽の先についた側花蕾を摘み取りましょう。収穫方法は、ハサミで側花蕾の根元をカットすればOKです。