ナバナの育て方(摘芯と追肥)

今回は、ナバナの成長具合をチェックします。

ナバナの摘芯と追肥

ナバナは、中心の部分につぼみが付きました。

ナバナのつぼみ

このつぼみの花が咲いてしまうと、茎が硬くなったり、苦味が出たりするので、今のうちに摘芯します。(収穫したナバナのつぼみは、茹でて食べると美味しいですよ。)

ナバナの摘芯

摘心したタイミングで、追肥も行っておきます。追肥場所は、畝の下、通路のところ2ヶ所です。

マルチをめくる
追肥する箇所

前回の追肥は、約1ヶ月前の11月上旬頃でした。

追肥する量は、1ヶ所あたり鶏糞20cc。溝を掘ってまいておきます。

鶏糞20cc
追肥箇所に鶏糞をまく
鶏糞入りました

あとは、肥料に水をかけて、土をかぶせ、マルチを戻します。これでナバナの摘芯&追肥作業は完了です。(12月くらいになると、虫もつかなくなるので、このタイミングで防虫ネットは撤去します)

肥料に水をかける
土をかぶせる
ナバナの摘芯&追肥作業完了

ナバナ(のらぼう菜)の育て方。土作りから始めたい方はこちらをどうぞ。

畝を立てたのは9月上旬。暑さで土が乾燥し硬くなっていたので、畝に水をまいてから土を耕しました。

ナバナの苗の植え付けは、10月中旬頃に行いました。

動画版はこちら

ナバナの育て方(摘芯と追肥)- YouTube