キャベツ(小型種:ミニキャベツ)の栽培:追肥時期が来ました

トンネル栽培でのキャベツ(小型種:ミニキャベツ)の育て方。植え付けから約3週間が経過。今回はキャベツの追肥です。追肥のタイミングや、使う肥料、追肥の仕方などについて解説します。

無農薬栽培しているキャベツの追肥

キャベツ(9月植え付けの秋植えキャベツ)の栽培では、通常、植え付け時期から約3週間~4週間後に追肥時期が来ます。うちの畑では、無農薬、有機栽培でキャベツを育てているので、追肥の肥料も有機肥料を使います。

植え付け時期から約3週間経ったキャベツ

キャベツの追肥回数は基本的に1回で、結球し始めた後は、追肥しないようにします。(結球後の追肥は、キャベツが裂球したり、生育不良の原因になります。)

キャベツや玉レタスなど、苗から育てる野菜は、秋の植え付けを早めに行いましょう。(秋植えの植え付け適期は、9月上旬から中旬頃。)

キャベツの追肥の仕方(ミニキャベツの追肥量、追肥方法など)

キャベツ(小型種:ミニキャベツ)の追肥の仕方ですが、株元から約20cm離れたところに2ヶ所入れます。キャベツは2株植えているので、追肥箇所は全部で4ヶ所になります。

キャベツは株元から20cm離して追肥する
もう一株のキャベツの追肥位置

なぜ、追肥場所を20cm離すかというと、植え付けから約3週間経つと、それぐらいの距離まで根が伸びているからです。(キャベツの株元から半径約20cmの範囲内くらい。)

肥料は、「根の先端の少し先」に入れるとよく効きます。この「根の先端の少し先」の距離が、「株元から約20cmの距離」なんです。逆に、良くないのは、株元近くに追肥すること。根に直接肥料がかかると、根が傷むのでNGです。

追肥量は、1ヶ所あたり鶏ふん20ccです。追肥方法は、追肥箇所が畝の下の場合、マルチをめくって、約10cm穴を掘り、追肥します。

キャベツの追肥に使う鶏ふん
畝の下への追肥は、マルチをめくる

追肥箇所が畝の上の場合は、マルチをめくることができません。なので、マルチの上から移植ゴテを約10cm挿し込み、隙間を広げ、そこに鶏ふんを入れます。

畝の上の追肥位置には、移植ゴテを挿し込む

肥料は、適切な量を守って入れるようにしましょう。追肥量が多いと、病害虫の被害を受けやすくなったり、生育不良を起こしたりします。野菜が苦くなったり、「えぐみ」が出ることもあるので、注意しましょう。

掘った穴に鶏ふんを入れる
キャベツの追肥箇所に鶏ふんが入りました
もう片方のキャベツにも鶏ふん入りました

あとは、肥料に水をかけて土をかぶせ、マルチと防虫ネットを戻します。これで、キャベツ(小型種:ミニキャベツ)の追肥作業は完了です。

追肥した肥料に水をかけるのは、土の中の微生物のためです。(肥料は濡れていた方が分解しやすい。)あと、追肥の肥料は、必ず土の中に埋めるようにしましょう。肥料が地表に出ていたり、マルチの上に残っていたりすると、肥料の匂いに誘われて、害虫が寄ってきます。

追肥した肥料に水をかける
肥料に土をかぶせて埋める
めくっていたマルチを戻す
防虫ネットを戻す
キャベツの追肥完了

動画版はこちら

キャベツ(小型種:ミニキャベツ)の栽培:追肥時期が来ました – YouTube