畝の作り方(春夏野菜用2020)

春夏野菜用の土作り2020

スナップエンドウ以外の冬春ものの野菜(ほうれん草や、ルッコラ、ミニチンゲン菜など)は、収穫が終了しました。なので、今日からは春夏野菜の準備です。収穫終了した畝を崩して、また新たに畝を作ります。

夏野菜用の畝を新たに立てる

シャベルを使って古い畝を崩し、土を耕します。

シャベルやクワで土を耕す

耕している途中、石や根っこが出てきたら、取り除いておきます。

石や根は取り除く

耕し終わりました。土は、わりと耕しやすい状態で保たれていたようです。そんなに硬くなっていなかったので良かったです。

土を耕し終わりました

次は畝立て。まず、耕した土を2つに割り、畝と畝の間の通路を作ります。

通路を作る

隣の区画との間にも、ある程度の間隔が必要(約20cm分)なので、そこの土も平らにならしておきます。

隣の区画との通路を確保する
畝と通路を分けたところ

畝の形がなんとなく出来たら、土に苦土石灰を混ぜ込みます。(1つの畝に50cc分の苦土石灰を入れます。)
苦土石灰を入れるのは、土の酸度調整のためです。

苦土石灰

冬春野菜の収穫が終わったこの畝を、酸度計で計測すると、PHが6.0以下。土壌が酸性に傾いているらしく、これをアルカリ性の苦土石灰で中和します。(PH6.0~6.5くらいに戻す。)

これから栽培する春夏ものの野菜は、PH6.0~6.5くらいの土壌酸度が適しているので、それに合うよう、苦土石灰をまいて酸度を調整するというわけです。

苦土石灰を畝に混ぜる

最後に、ならし板をあてて畝の形を整えれば、今日の作業は完了です。(畝は、側面をならし板で囲い、上に盛った土ですき間を埋めていくようにする。そうすると、畝の形が整えやすい。)

ならし板で囲う
隙間を土で埋める
畝の上面を平らにならす
畝が完成

苦土石灰が土に馴染むのに約1週間かかるので、次の作業はそれからになります。

動画版はこちら

畝の作り方(春夏野菜用2020) – YouTube