ピーマンの脇芽取りと、キュウリ&オクラ用の肥料

今回は、ピーマンの脇芽取りと、キュウリ&オクラの栽培準備(肥料入れ)をします。

ピーマンの脇芽取りと、キュウリ&オクラの栽培準備

春夏野菜(ピーマン、ナス、トマトなど)の植え付けと追肥の様子は、以下の記事でご覧いただけます。

ピーマンの脇芽の取り方

ピーマンは、この「1番果」(一番最初にできた実のこと)から分かれた2本の枝を伸ばしながら育てていきます。

ピーマンは2本仕立てで育てる

これからしばらくの間は、株を成長させる方に栄養を使ってほしいので、今ついている実は取ってしまいます。(今の段階で実があると、実にばかり栄養をとられてしまう。)

株の成長のため、実をとる
ピーマン初収穫

二股の分かれ目から下を見ると、脇芽がいくつかあります。これも残しておくと、脇にばかり栄養が流れてしまうので、二股から下の脇芽は全て摘んでしまいます。

脇芽をとる

摘み方は、指でつまんで折り取ります。(脇芽の根元をつまんで)

脇芽を摘み取る

これでピーマンの脇芽取りは完了です。

ピーマンの脇芽取り完了

春夏野菜(ピーマン、トマト、ナスなど)の土作りから始めたい方は、以下の記事をどうぞ。

キュウリとオクラの栽培準備(肥料入れ)

キュウリとオクラを育てる畝(約60cm×75cmの大きさ)は、苦土石灰をまいてから1週間たったので、肥料を入れます。

キュウリとオクラを育てる畝
マルチをめくる

入れる肥料は3種類。牛ふん1リットル、鶏ふん50cc、油かす50ccです。

バケツに入れた肥料
肥料を畝にまく

肥料と土をよく混ぜたら、表面をならし板で整えなおします。

肥料を土に混ぜ込む
表面をならし板で整える

あとは、マルチを元通りに戻せば、今日の作業終了です。

マルチを戻す

動画版はこちら

ピーマンの脇芽取りと、キュウリ&オクラ用の肥料 – YouTube