ナス、ショウガ、ピーマン、終盤の追肥

今回は、この猛暑の中頑張っている、ナス、ショウガ、ピーマンに追肥をします。まずはショウガから。

ナス、ショウガ、ピーマン、終盤の追肥

ショウガは前回の追肥から約28日が経過。今回が4回目の追肥です。

ショウガは4回目の追肥

ショウガの追肥、前回は8月上旬でした。

追肥のやり方は今までと同じです。株と株の間に1ヶ所、鶏ふん30ccを追肥します。(マルチの切れ目が目印です。)

追肥箇所は株と株の間
移植ゴテを挿して隙間を作る
隙間に鶏ふん30ccを追肥

追肥後は、肥料に水をかけて、土を元通りに戻しておきます。これでショウガの追肥は完了です。

肥料を水で湿らせる
追肥後は土を戻す

次はナスとピーマンの追肥です。こちらは前回の追肥から約30日が経過。今回が5回目の追肥になります。

ナスとピーマンは5回目の追肥

ここは5月からの栽培で、もう4ヶ月以上が経過。猛暑による暑さなどもあり、畝の土が乾燥して固くなっていそうなので、追肥前に土を少しほぐしてみます。

畝にかぶせているマルチをめくる
長期の栽培で畝の土が乾燥気味

土に水をかけて湿らせ、根元から約20cm離れたところを移植ゴテでほぐします。

土に水をかけて湿らせる
水と土を混ぜる

土が少ししっとりした状態になったら、周囲2ヶ所を10cmくらい掘って、1ヶ所あたり鶏ふん30ccを入れます。

土がしっとりするまで水を混ぜる
株元から20cm離れたところを2ヶ所掘る
1ヶ所あたり鶏ふん30ccを追肥する
穴2箇所で計60ccの鶏ふんを追肥

追肥後は、肥料に軽く水をかけて、土をかぶせ、マルチを戻します。

肥料に水をかけ、湿らせる
追肥した箇所に土をかぶせる
マルチを元通りにかぶせる

ナスとピーマン、両方とも同じやり方で追肥し、作業完了です。

ナスもピーマンも追肥のやり方は同じ

ナスの育て方。これまでの栽培過程のまとめです。

ナスは、5月初旬に畑に植え付けました。

1回目の追肥が5月下旬頃。

成長して、1番果(最初にできる実)がついた頃に、太い支柱を立てます。

株がある程度大きくなったら、剪定と追肥を定期的に行いつつ、収穫を続けます。

動画版はこちら

ナス、ショウガ、ピーマン、終盤の追肥 – YouTube