春夏野菜の施肥とマルチ張り2020

苦土石灰をまいてから1週間。今回は、畝の土に有機質肥料を混ぜ込みます。

施肥とマルチ張り2020

畝に有機肥料を入れる(施肥)

畝Aには、牛ふん2リットル、鶏ふん100cc、油かす100ccを入れます。

畝Aに入れる肥料

畝Bの施肥は半分だけ。牛ふん1リットル、鶏ふん50ccを入れます。

畝Bに入れる肥料

肥料の計量は、牛ふんがひしゃく(すりきり1杯分入れて1リットル)、鶏ふん&油かすは計量カップなどを使います。

牛ふん
鶏ふん
油かす

はかった肥料は、バケツに入れて軽く混ぜた後、畝にまきます。(土の中に混ぜ込む作業はクワを使う。)

肥料を畝にまく
鍬で土に混ぜ込む

畝に黒マルチを張る

畝に肥料が入ったら、表面をならし板で整えなおします。

ならし板で表面を整える

その後、黒マルチをかぶせ、周囲をマルチ留めで固定します。

マルチを張る

最後に、マルチの裾の部分に土をかぶせます。(移植ゴテを使うと便利。)これで今回の作業は終了です。

裾に土をかぶせる
春夏野菜用の畝完成

動画版はこちら

春夏野菜の施肥とマルチ張り2020 – YouTube