トウモロコシの栽培(土作り)

トウモロコシ(スイートコーン)の土作り

今回は、トウモロコシ(スイートコーン:甘味種)の土作りをします。区画の大きさは約60cm×60cmです。

トウモロコシの栽培区画

トウモロコシ(スイートコーン)の栽培に使う肥料(施肥)

トウモロコシの栽培に必要な肥料(施肥に使う元肥)は3種類。無農薬の有機栽培で育てるので、肥料も有機肥料を使います。用意するのは、牛ふんと鶏ふんと油かすです。肥料の量は、牛ふんが1リットル、鶏ふんが50cc、油かすが50ccです。

牛ふん堆肥とは、牛のフンに、ワラやおがくず等を混ぜ、十分に発酵させたもの。土の中の微生物を活性化してくれます。窒素(N)を約1%、リン酸(P)を約1%、カリウム(K)を約1%含みます。

トウモロコシ栽培に使う牛ふん堆肥

鶏ふんとは、鶏のフンを乾燥&発酵させた肥料。野菜の成長に必要な栄養分をバランスよく含む、有機質の肥料です。窒素(N)を約3%、リン酸(P)を約6%、カリウム(K)を約4%、石灰(Ca)を約11%含みます。

有機質の肥料の鶏ふん

油かすとは、菜種油や大豆油を絞った後の「残りかす」のこと。茎や葉の成長に必要な「窒素」を多く含む、有機質肥料です。窒素(N)を約5%、リン酸(P)を約2%、カリウム(K)を約1%含みます。

油かす

あと、土壌改良用の資材として、ココピートを5リットル、ゼオライトを500cc使います。(ココピートとゼオライトは、どちらも有機JAS適合資材です。)

ココピートとは、ヤシ殻から作られた土壌改良材のこと。土の水はけ(排水性)や通気性を改善します。畑の土をフカフカにして、やわらかくするという効果もあるので、野菜の根張りが良くなります。

土の水はけを良くするココピート

ゼオライトとは、天然の鉱物から作られた土壌改良材のこと。肥料を吸着して保つ力(保肥力)があるので、雨で肥料が流れるのを防ぎます。肥料を保つ「吸着力」がある資材ですが、野菜が必要とする栄養分に関しては、きちんと供給してくれます。

保肥力を持つゼオライト

ここからはトウモロコシ(スイートコーン)の土作りです。まず、シャベルを使って、区画全体を約30cm掘り下げます。

トウモロコシ(スイートコーン)の区画を30cm掘り下げる
シャベルの刃30cmが深さの目安
掘った土は脇によけておく

掘った穴に、ココピート5リットルを入れ、土に混ぜ込みます。ココピート5リットルは、容量1リットルの「ひしゃく」に5杯分入れればOKです。土への混ぜ込みは、シャベルか鍬(くわ)を使いましょう。

掘った穴にココピートを入れる
ココピートと土を混ぜる

穴の底でココピートと土を混ぜたら、よけておいた土を戻します。ココピートは比重が軽く、地中浅いところだと次第に浮いてきてしまいます。なので、地中深いところで土と混ぜ、残りの土で上から押さえるという感じにします。

よけておいた土を穴に戻す
ココピート
土を戻し終わったところ

その後、残りの資材と肥料、ゼオライト500cc、牛ふん1リットル、鶏ふん50cc、油かす50ccを土に混ぜ込みます。

トウモロコシ(スイートコーン)の区画に入れる肥料
肥料を土と混ぜる

畝の作り方(トウモロコシの畝立て)

施肥後は、移植ゴテとならし板を使って、畝を整えます。畝の縁の部分を移植ゴテで押さえ、少し固めるようにすると、崩れにくい畝になります。

移植ゴテとならし板を使って、畝を整える
畝の縁
移植ゴテで縁の土を固める
畝の上面は平らにならす
トウモロコシの畝が整いました

あとは、表面に黒のマルチをかぶせ、周囲をマルチ留めで固定します。これで、トウモロコシ(スイートコーン)の畝は完成です。

畝に黒マルチを張る
トウモロコシの畝立て完了

動画版はこちら

トウモロコシの栽培(土作り)- YouTube