イチゴとスナップエンドウの育て方(土作り)

イチゴとスナップエンドウの土作り

今回は、イチゴとスナップエンドウの土作りです。区画の大きさは、どちらも約60cm×60cmです。

イチゴとスナップエンドウの区画

栽培に使う肥料(施肥)

肥料は、イチゴの方が、牛ふん堆肥1リットル(ひしゃく1杯分)と鶏ふん50cc。スナップエンドウの方は、牛ふん堆肥1リットル(ひしゃく1杯分)だけ入れます。それぞれの肥料を区画にまき、土と混ぜます。

イチゴ用の肥料
スナップエンドウには牛ふんのみ
肥料を土に混ぜ込む

畝の作り方

土と肥料を混ぜたら、次は「畝立て」です。ならし板で畝の周りを囲って、その中に土を盛っていきます。畝の縁の部分を移植ゴテで押さえ、少し固めるようにすると、崩れにくい畝になります。畝の上の面は平らにならします。(畝の上が凸凹だと、雨水などが溜まって泥はねして、その泥から病気になってしまうことも…。)

散った土を畝に戻す
ならし板で畝を整える
畝の縁
畝の縁は移植ゴテで固める
上面は平らにならす
畝の形が整いました

あとは、表面に黒のマルチをかぶせ、周囲をマルチ留めで固定します。これで、イチゴとスナップエンドウの畝は完成です。

畝にマルチを張る
畝立て完了です

動画版はこちら

イチゴとスナップエンドウの育て方(土作り)- YouTube