種まき&トンネルを作る

前回マルチを張ったところに、今回は種をまいていきます。

種まき&ビニールトンネルを作る

まくのは、ほうれん草、ベビーリーフ系、ミニチンゲン菜、小松菜、スナップエンドウの5種類です。

ほうれん草とベビーリーフの種をまく場所
ミニチンゲン菜、小松菜、スナップエンドウの種をまく場所

種のまき方

マルチの穴があいているところを指で軽く押し、土を凹ませます。

土を凹ませる

種は、1つの穴に3~4粒まきます。種同士がなるべく重ならないようにすると良いです。

畝に種をまく

なので、土を凹ませる時は、「マルチの穴のサイズに合ってて、底が平らなもの」があると良いかも。
(指で土を凹ませると、すり鉢状に凹んでしまいがちなので。)

スナップエンドウは株が大きめになって間隔が必要なので、穴あけ器(マルチカッター)でマルチを切り、4ヶ所に種まきをします。

マルチカッター
スナップエンドウの種をまく場所

種をまいたら、上からバーミキュライトの粉を軽くかぶせます。(かけすぎすると発芽しにくくなるので、種を軽く覆うくらいにします。)

バーミキュライト
バーミキュライトの粉をまく

人によっては、バーミキュライトの代わりに「もみ殻」を使うこともあるそうです。

畝に不織布をかぶせる

種まきが終わったら、畝を不織布で覆います。(保温や、畝にまいた水の保持が目的。)

畝を不織布で覆う

不織布のかけ方のコツは、ゆるめにかぶせること。ピッタリかぶせてしまうと、芽が上に伸びにくく、成長の妨げになってしまいます。

不織布はゆるくかぶせる

かけた不織布は、畝の「マルチ留め」を引き抜き、刺し直して固定します。

不織布をマルチ留めで固定する

その後、ジョウロを使い、不織布の上から水をたっぷりかけます。

トンネルを作る

最後に、ビニールトンネルを作ります。畝や種を、保温・保護(鳥や虫から)するためです。

ダンポールというトンネル用の支柱(手で曲げやすいよう、しなやかにできている)を土に刺して固定します。

ダンポール

1つの畝に対して、3本のダンポールを使います。

畝一つに使う支柱は3本

トンネル支柱の刺し方は、畝の外から内に向かって斜めに刺すようにします。

土の中、しかも20~30cmの深さまで刺す必要があるので、ちょっと力が要ります。

支柱の刺し方

保温ビニールは、まず2つ折りにして、「わ」(折り目の部分)のところを結びます。

結び目には、UピンというUの字型のピンを引っかけておきます。(ピンをビニールに刺さないよう注意)

結び目にUピンをかける

その後、トンネル支柱の上に、保温ビニールをかぶせます。(ビニールの中心が畝の中心になるようにかぶせる)

畝の上に保温ビニールをかぶせる

ビニールをかぶせたら、Uピンを畝の両端に刺して固定します。

Uピンを刺してビニールを固定

トンネルの上は、洗濯ばさみで挟んでおきます。(ビニールがズレるのを防ぐ)

ビニールは洗濯ばさみで挟んでおく

トンネル側面のビニールは、トンネルパッカーという道具を支柱にはめ込み、固定します。(はめ込むのに少し力が要ります)

トンネルの側面はトンネルパッカーをはめこむ

トンネル両端の余っているビニールは、軽く縛ってまとめておきます。

余っているビニールは縛ってまとめる

最後、側面の裾の部分で余っているビニールは、くるっとまとめて畝の方へ入れ込んでおきます。

裾のビニールは畝に入れ込む

これで作業終了。畝3つ分のビニールトンネルが完成しました。

ビニールトンネル完成

動画版はこちら

種まき&トンネルを作る – YouTube