小玉スイカの育て方(吊り下げネット)

今回は小玉スイカのお世話。成長してきた実に吊り下げネットをかけます。

小玉スイカにネットをかける

小玉スイカは、追肥をしてから約3日が経過。直径7cmくらいの大きさまで成長しました。

小玉スイカに追肥
小玉スイカは、直径約7cmまで成長

小玉スイカの追肥をしたのは、6月中旬頃でした。

このまま大きくなってくると、実の重みでツルに負担がかかり、曲がったり折れたりすることがあります。なので、吊り下げネットをかけて、実を支えてあげます。ネットは、メッシュタイプの巾着袋で、ホームセンターなどの園芸コーナーで売られています。(野菜ネット、収穫ネット。今回使うネットの大きさは50cm×30cm。)

大きくなってくると、重みでツルに負荷がかかる
巾着型の野菜(収穫)ネット

小玉スイカを吊り下げネットで支える(ハンモック型)

まず、野菜ネットの側面部分(ビニール紐が出ている側)を正面に持ってきます。

ネットの側面を正面にもってくる
側面を正面側に配置

ネット底側の形を少し整え、麻紐で縛ります。(小玉スイカの重みで外れてしまわないよう、しっかりと。)

底の形を整える
底側を麻紐で縛る
ネットの底にも紐が付きました

あとは、入れ口側のビニール紐を引っ張って締めれば、ハンモック型の吊り下げネットになります。(スイカはネットの中心に入れる。)

入れ口側の紐を締める
両端の紐は、支柱か誘引ネットに結ぶ
小玉スイカのハンモック完成

動画版はこちら

小玉スイカの育て方(吊り下げネット)- YouTube