白ナスの育て方(支柱2本仕立て)

今回は白ナスのお世話。長い支柱をもう1本立てて、2本仕立てにします。

白ナスの2本仕立て

白ナスは、1本目の本支柱を立ててから約15日が経過。枝がしっかり伸びてきたので、支柱をもう1本追加します。

1本目の支柱は主枝に沿わせる
2本目の支柱は側枝に沿わせる

白ナスの1本目の本支柱は、6月初旬に立てました。

2本仕立てにする支柱のサイズは、1本目と同じ、直径1.6cm、長さ150cmのものを使います。

支柱の直径1.6cm
支柱の長さ150cm

2本目の支柱を立てる位置は、側枝の伸びる方向を見て決めます。

2本目の支柱の位置を決める
根元は、白ナスの根にかからないようにする

立て方は、1本目の支柱の立て方と同じです。まず支柱を手で持ち、土の中に押し込みます。(支柱が止まるところまで。)

支柱を手で押し込む

その後、ハンマーを使ってさらに10cm、支柱を打ち込みます。注意点としては、支柱をあまり深く打ち込まないこと。深く打ち込み過ぎると、片付けする時に抜けなくなります。

止まったところからさらに10cm
ハンマーで打ち込む

最後に、茎と支柱を麻紐で結びます。これで、白ナスの支柱の2本仕立て、完了です。

茎と支柱を麻紐で結ぶ
白ナスの2本仕立て完了

ナス科の野菜は、一番花が付く部分(V字に枝分かれする部分)よりも下にある脇芽は全て摘むようにします。
なので、このタイミングで脇芽が出ているようであれば、摘んでおきましょう。(下の脇芽を摘むのは、株の成長のため。残しておくと、脇芽の方に栄養が取られてしまう。)

一番花より下の脇芽は摘む

ナスの2本仕立てに関しては、こちらの記事もどうぞ。

動画版はこちら

白ナスの育て方(支柱2本仕立て)- YouTube