トマトの本支柱の立て方

今回は、トマトの苗の横に本支柱を立てます。

トマトの本支柱の立て方

支柱を立てる前にこちらもチェック。トマト栽培は「脇芽かき(脇芽をとること)」が重要。

本支柱は、直径2cm、長さ210cmのものを使います。

本支柱の直径2cm
本支柱の長さ210cm

立てる位置は、マルチの穴の外側です。

本支柱を立てる位置

立て方は、まず支柱を手で持ち、土の中に押し込みます。(支柱が止まるところまで。)

支柱を両手で押し込む

その後、ハンマーを使ってさらに10cm、支柱を打ち込みます。

さらに10cm打ち込む
打ち込みにはハンマーを使う

トマトの本支柱は2mを超える長さがあります。こういう長い支柱の場合は、しっかりした踏み台や作業台などがあると楽に打ち込めます。

踏み台

支柱を立てる時に注意することは、あまり深くまで打ち込まないこと。深く打ち込んでしまうと、夏場の土が固まった時に抜けなくなってしまいます。

本支柱は打ち込み過ぎないこと

本支柱を打ち込んだら、仮支柱の方は抜き、麻紐も付け替えておきます。

仮支柱は抜く

紐を付け替える時に、トマトの主茎(中心の太い茎)を支柱の方に寄せておくと良いです。(寄せる時は、そっとやさしく。茎が折れないよう、注意しましょう。)

紐を仮支柱から本支柱に付け替える

トマトやピーマン、ナスなど、春夏野菜の土作り&植え付けの様子はこちら。

動画版はこちら

トマトの本支柱の立て方 – YouTube