梅雨入り後の畑

今回は、梅雨入り後の畑のお世話です。

梅雨入り後の畑

まずは、ナスとショウガとピーマンの畝からチェックします。

ナス、ショウガ、ピーマンの畝

春夏野菜の植え付けの様子はこちら。

ナスは、手前に見えてる実が食べ頃なので、収穫します。(奥に見えてるナスは、まだ小さいので置いておきます。)

ナス

ナスは約2週間前に本支柱を立てています。

ショウガはようやく芽が出てきました。

ショウガの芽

ピーマンは、上から見ると分かりませんが、実が結構なってます。(葉っぱに隠れたところでコソっと大きくなってる。)

ピーマン

ピーマンを上手く育てるには、「脇芽取り」が重要です。

収穫したついでに、密集した中央部分の枝葉を少し剪定します。梅雨時で湿気がこもると、病気になったりしますからね。葉が混みあったところを整枝・剪定し、スッキリさせます。(画像じゃ、ちょっと分かりにくいかな?)

ピーマンの枝葉を剪定

ピーマンの横に立てている支柱も、仮支柱(90cm)から本支柱(150cm)に変更しました。

支柱の交換

支柱の立て方はこちらの記事をどうぞ。(リンク先はトマト用の長い支柱ですが、やり方は基本的に同じです。)

次は、枝豆とトマトの畝です。

枝豆とトマトの畝

枝豆は花が咲き始めました。

枝豆の花

枝豆は約20日前に間引きと土寄せを行っています。

トマトは、一番最初になった実が、だいぶ大きくなってきました。これから赤くなるのが楽しみです。

トマトの実

トマトは、下の方の葉が混みあい、枝豆の方にかぶっていたので、カットしました。(湿気がこもると、病害虫のリスクが高まるため。)

トマトの下の葉を剪定

トマトもピーマン同様、「脇芽取り」が重要です。

最後は、キュウリ、落花生、オクラの畝です。

キュウリ、落花生、オクラの畝

先日苗を植えたキュウリは、せっかくネットを立てたのに、逆の方に伸びちゃってます。

キュウリ

キュウリの支柱は「合掌式」というやり方で立ててます。

落花生とオクラも無事に芽が出て、順調に成長中です。

落花生とオクラ

落花生とオクラは、約2週間前に種まきしてます。

今回は、ナス1本と、ピーマン7個を収穫しました。

ナス1本と、ピーマン7個を収穫

動画版はこちら

梅雨入り後の畑 – YouTube