2021春夏野菜

小玉スイカは、受粉から35~40日くらい経つと収穫時期になります。今回は病気にかかったので、少し早めのタイミングで収穫しました。病気&早めの収穫で、熟してるかどうか心配でしたが、ちゃんと赤く熟してました。

2021春夏野菜

小玉スイカの空中栽培では、受粉後に実が付き、実の直径が7~8cm程度になったら、ネットをかけます。かけ方はいろいろありますが、今回はハンモック型にしました。下から実を支えるようにすると、ツルにかかる負荷も減らせます。

2021春夏野菜

小玉スイカの追肥時期について。小玉スイカは、受粉成功後が追肥のタイミングです。実が少し大きくなり、鶏卵大になったら追肥しましょう。追肥量は、鶏ふん20ccを2ヶ所です。

2021春夏野菜

小玉スイカの受粉方法について。やり方自体は、おしべとめしべをくっつけて、花粉を受粉させるだけなので簡単です。受粉後、成功していれば、小玉スイカの実が大きくなってきます。雨の日は、花粉が湿るので、成功率が低くなります。

2021春夏野菜

小玉スイカの摘芯のタイミングについて。小玉スイカは、本葉が6枚出たら、親づるを摘芯。子づるの発生を促します。子づるは、勢いのあるものを3本残し、育てます。孫づるは摘みます。

2021春夏野菜

小玉スイカは、区画に支柱を立てて、空中栽培します。支柱の立て方は合掌式です。実の重さに耐えられるよう、頑丈に作ります。

2021春夏野菜

畑に、ミニトマトと小玉スイカの苗を植え付けました。苗は、植え付けの前に水につけて吸水させておきます。植え付け後は、仮の支柱を立てて、ミニトマトと小玉スイカの株を支えるようにします。

2021春夏野菜

ミニトマトと小玉スイカを栽培するための土作り。肥料は、牛ふん堆肥と鶏ふんが基本で、小玉スイカの方だけ油かすを追加しました。土は深めに耕し、畝も高めに作りました。