土の消毒・リセット(太陽熱消毒)

今回は、土のリセット。太陽熱を利用した土壌消毒を行います。(春夏野菜が終わって、秋冬の栽培までまだ少し時間があるので、その間に病気や害虫、雑草の種などをリセットします。)

土の消毒

まず、約60cm×120cmの畝に、牛ふん2リットル、油かす100ccをまき、よく耕します。肥料を入れるのは、土中の微生物を増やすためです。(微生物が増えると、土の中の酸素が消費され、害虫が酸欠で死滅する。)

牛ふんと油かす
畝は60cm×120cmの大きさ
まいた肥料を土と混ぜる

耕したら、軽く畝を整え、その後、ジョウロ3杯分の水をまきます。(大量の水をまくことで、熱伝導性が高まり、土の奥まで熱が伝わる。土の深いところまで高温になるという効果が期待できるので、土の消毒効果もアップする。)

散った土を畝の方へ戻す
畝の形を整える
ジョウロで水をまく

最後に透明マルチを張れば、土の消毒作業完了です。マルチが透明なのは、その方が温度が高くなるからです。(ビニールハウスや温室と同じ原理。太陽光を通す透明なビニールの方が、中の温度が上がる。)

期間としては、3週間から1ヶ月くらい続ければ、高い効果が出るそうです。畝にまいた大量の水と、透明マルチで、土の中が蒸し焼き状態になり、病気の菌や雑草の種、害虫などが死滅します。

透明マルチ
畝に透明マルチを張る
裾を土で覆う
畝を密閉すると、消毒効果が高まる
太陽熱消毒完了

動画版はこちら

土の消毒・リセット(太陽熱消毒)- YouTube