イチゴ(宝交早生)の育て方(追肥)

今回は、イチゴ(地植え・露地栽培)のお世話です。追肥で肥料を補いたいと思います。

イチゴ(宝交早生)の追肥

イチゴは、11月中旬に休眠準備をして、ただいま休眠中です。

イチゴの休眠準備
マルチを外して寒さにさらす
休眠中のイチゴ

休眠中のイチゴですが、休眠してても追肥はします。なぜかというと、冬は肥料の効果があらわれるまで時間がかかるからです。特に、真冬の一番寒い時期(厳寒期)は、肥料が効くまで1ヶ月ほどかかるので、早めに追肥しておく必要があります。

肥料の鶏ふん(有機質肥料)
イチゴは1月中に追肥をする

イチゴは、株と株の間、4ヶ所に追肥をします。

イチゴの追肥箇所は4ヶ所

追肥する量は、1ヶ所あたり鶏ふん10cc。土を掘って、深さ10cmくらいの溝を作り、そこにまきます。

鶏ふん10cc
追肥用の穴を掘る
掘った穴に鶏ふんを入れる
鶏ふん入りました

追肥後は、肥料に水をかけ、土をかぶせておきます。これでイチゴの追肥作業は完了です。

肥料に水をかける
土をかぶせて、イチゴの追肥完了

動画版はこちら

イチゴ(宝交早生)の育て方(追肥) – YouTube