枝豆の育て方(土作り)

枝豆の土作り

今回は、枝豆の土作りをします。区画の大きさは約60cm×60cmです。

枝豆の区画

枝豆に使う肥料は、牛ふん堆肥1リットル(ひしゃく1杯分)です。区画にまいて土と混ぜます。この牛ふん堆肥は、肥料というよりも、土壌改良材として使います。土をふかふかにするためです。(ここの畑は水はけが良くないので、牛ふん堆肥を入れて改善する。)

牛ふん堆肥
堆肥を区画の土と混ぜる

土と肥料を混ぜたら、区画の部分(60cm×60cm)を30cm掘り下げます。シャベルの刃の長さが約30cmなので、それを深さの目安にするとよいです。(水はけ改善のため、いつもより深めに耕してみます。)

区画を30cm掘り下げる
シャベル
掘った土は脇によけておく

「土を掘るのはちょっと…」という場合は、鍬(くわ)かシャベルで耕すだけでもOKです。耕すだけの場合は、なるべく深くまで耕した方がいいと思います。

掘った場所に土を戻し、畝を作っていきます。土は、空気を含ませながらふんわりと盛るのがポイント。空気を含ませることで「土のかさ」が増え、畝に高さを出すことができます。

土を戻して畝を作る
土は空気を含ませて盛る

このままだと崩れやすいので、ならし板を使って、畝を整えます。畝の上は平らに、側面は少し固めて強度を出すようにします。

畝の上面は平らにならす
側面は少し固める
畝の形が整いました

あとは、表面に黒のマルチをかぶせ、周囲をマルチ留めで固定します。これで枝豆の畝は完成です。

畝にマルチを張る
枝豆の畝立て完了

動画版はこちら

枝豆の育て方(土作り)- YouTube