大根の育て方(土作り)

大根の土作り

今回は、大根を育てるための土作り&畝立てです。(区画の大きさは、約60cm×60cm。)

大根の栽培区画

肥料は、牛ふん1リットルと油かす100ccですが、牛ふんと油かす50ccは太陽熱消毒をした時に既に入れてあります。なので、今回は残りの油かす50ccを入れるようにします。(肥料は入れ過ぎると、病害虫のもとになったり、生育のバランスが崩れたりするので、必要な量だけ入れる。)

牛ふん1リットルと油かす100cc
牛ふんと油かす50ccは太陽熱消毒の時に投入済
油かす50cc

用意した肥料は、区画にまいて土に混ぜ込みます。(透明マルチはめくって、横によけておく。)

畝に肥料をまく
土と肥料を混ぜる

施肥後は、移植ゴテとならし板を使って、畝を整えます。畝の縁の部分を移植ゴテで押さえ、少し固めるようにすると、崩れにくい畝になります。

ならし板で畝を整える
畝の縁は少し固める
縁の部分は移植ゴテを押し付けて固める
畝の上面は平らにならす
畝の形が整いました

畝ができたら、透明マルチを戻します。これで、大根の土作り&畝立て完了です。

透明マルチを畝にかぶせる

透明マルチは、大根の種まきの約1週間くらい前になったら、黒マルチに張り替えます。(大根の栽培開始が9月上旬あたりなので、8月末か9月に入ってすぐくらいがマルチ張り替えのタイミングになります。)

透明マルチは、大根の種まき前に張り替える

動画版はこちら

大根の育て方(土作り)- YouTube