春ブロッコリーと春キャベツの育て方(苗の植え付け&防虫ネット)

春ブロッコリーと春キャベツの植え付け

畝に肥料を入れてから約2週間。今回は、春ブロッコリーと春キャベツの苗を植え付けます。

春ブロッコリーと春キャベツの植え付け位置
春ブロッコリーと春キャベツの苗

春ブロッコリーと春キャベツの育て方。土作りの様子はこちら。

苗を植える場所にマルチカッター(穴あけ器)を押し込み、穴をあけます。(穴の中の土は横によけておく。)

畝に穴をあける
穴の中の土はよけておく

あけた穴の深さや大きさを確認します。(穴にポットのままの苗を入れてみて、確認するのもありです。)もし、穴が浅かったり、小さかったりする場合は、移植ゴテを使って調整します。

穴の深さや大きさを確認する
穴の調整には移植ゴテを使う

穴の調整が済んだら、水を8分目まで入れます。苗は水が引いてから植えるので、それまで少し待ちます。

穴の8分目まで水を入れる
苗は水が引いてから植える

春ブロッコリーと春キャベツの苗は、折れたり、傷がついたりしないよう、やさしく扱います。まず、茎を指の間に挟み、ポットごと引っくり返します。

苗は繊細なので慎重に扱う
苗をポットごとひっくり返す

ポットの中の土が崩れないよう、そっと取り出し、穴に植え付けます。

ポットから苗を取り出す
春ブロッコリーと春キャベツの苗を畝に植え付ける

穴と苗の間に隙間があるとうまく育たないので、よけておいた土を戻して、隙間を埋めます。(畝の土と、ポットの土が密着するように。)隙間が埋まったら、根元周辺の土を軽く押さえておきます。その際、苗が傷つかないよう注意します。

よけておいた土を戻して、隙間を埋める
ポットの土を畝に密着させる

植え付けで余った土は、畝の下へ落とします。(マルチの上に土があると、雨で跳ね返った土が野菜に付き、それが元で病気になることがあるため。)

余った土は、畝の下へ落とす
マルチの上はきれいに保つ

苗を植え付けた後は、水やりをしっかりしておきます。(春ブロッコリーと春キャベツの株を畝に定着させるため。)

植え付け後は、水やりをしっかりする

最後に、トンネル支柱を立てて、防虫ネットを張ります。(防虫ネットはイチゴを植え付けた時の余りを使います。)

防虫ネットを張る
Uピンとトンネルパッカーをつける

防虫ネットの詳しい張り方はこちら。

あとは、防虫ネットが余っている部分をまとめ、上を洗濯ばさみで止めます。これで、春ブロッコリーと春キャベツの植え付け&防虫ネット設置は完了です。

余ったネットをまとめる
春ブロッコリーと春キャベツの植え付け完了

動画版はこちら

春ブロッコリーと春キャベツの育て方(苗の植え付け&防虫ネット)- YouTube