イチゴの育て方(摘蕾)&2月下旬の畑

今回はイチゴの様子から見てみます。

イチゴの摘蕾と春ブロッコリー、春キャベツなどの成長チェック

イチゴは、上から見ただけだと、普通に葉が茂っているだけですが、その下で蕾が出来て、花が咲いている場合があります。花を咲かせて、実を大きくするのは3月に入ってからなので、2月末までに出来た蕾や花は摘んでしまいます。(冬のうちに余分なエネルギーを使うと、春からの成長に支障が出るため。)

イチゴの株
イチゴの蕾
花と蕾は2月末まで摘む

摘蕾のついでに、枯れ葉や傷んだ葉の摘み取りも行っておきます。

枯れ葉や傷んだ葉は摘む

イチゴの隣の春ブロッコリーと春キャベツも順調です。お世話といえば、畝の保温や追肥、枯れ葉の摘み取りくらいですが、元気に育っています。(春ブロッコリーは頂花蕾が直径約7cm、春キャベツは玉の大きさが直径約15cmまで成長。)

春ブロッコリーと春キャベツの畝
春ブロッコリーの頂花蕾
春キャベツの玉

春ブロッコリーと春キャベツは、植え付けが去年の11月初旬でした。

畝を保温し始めたのが12月中旬。防虫ネットの上から不織布をかけました。

追肥は1月中旬頃。鶏ふん20ccを2か所に入れました。

真ん中の畝の茎ブロッコリーとナバナは、脇芽が次々と成長中。今回も、いくつか収穫しました。

茎ブロッコリーとナバナの畝
茎ブロッコリーとナバナの脇芽
収穫した脇芽

心配なのは、茎ブロッコリーとナバナの間で育てている葉物野菜です。少しでも効率よく育てるため、本葉が出たものを移植してもらいましたが、結構厳しそうですね。両側の茎ブロッコリーとナバナが大きいので、どうしても日当たりが悪くなっちゃうんでしょうね。収穫まで到達できるかなぁ。

葉物を育てている区画
小松菜や春菊は収穫できるかなぁ

最後は端の畝のリーフレタス。2月下旬になり、暖かい日も増えてきているので、成長スピードが上がっています。

リーフレタスの畝
暖かくなって成長速度がアップ
日に日に大きくなってます

動画版はこちら

イチゴの育て方(摘蕾)&2月下旬の畑 – YouTube