キュウリの栽培(初期の脇芽は摘む)

今回は、キュウリの様子を見にきました。

キュウリの栽培(初期の脇芽は摘む)

畝にキュウリの苗を植え付けて約20日。メインの親づるが伸びてきて、丈が約75cmまで成長。葉っぱも結構大きくなりました。

植え付けた時のキュウリの苗
75cmまで成長したキュウリの株
葉っぱも大きくなりました

キュウリの植え付け&支柱を立てた時の様子はこちら。

キュウリは、下から5~6節目までの脇芽を全部摘みます。トマトやナス、ピーマン同様、キュウリでも脇芽摘みは大事なのです。(株全体を成長させるため、生育初期の脇芽は摘んでしまう。)

キュウリは初期の脇芽を全て摘む

脇芽の取り方に関する記事はこちら。(トマト&ピーマン)

実を収穫するのは、それより上の節ということになるんですが、もうすでに出来始めてますね。

キュウリの実

ピーマンやナスもそうだったんですが、最初の方に成る「1番果」、「2番果」あたりは早めに収穫した方が良さそうなので、このキュウリも収穫してしまいます。

キュウリの1番果
初収穫したキュウリ

ナスの1番果を収穫した時の記事はこちら。

他の節も実が付きはじめているので、近いうちに収穫できるかもしれません。(キュウリは成長が早いので。)

キュウリは成長が早いです

株自体は成長してますが、ツルがまだあまり出ておらず、ネットへの絡みが弱いので、今のところは仮支柱を立ててます。(仮支柱は直径1.1cm、長さ90cmのもの。親づるの横に立てて、麻紐で誘引してます。)

仮支柱
麻紐で誘引

これから先の成長が楽しみです。

キュウリの花

動画版はこちら

キュウリの栽培(初期の脇芽は摘む) – YouTube