大根、ラディッシュ、パクチーの育て方(種まき)

大根とラディッシュとパクチーの種まき

土作り(肥料と畝立て)から約3週間が経過。今回は、大根、ラディッシュ、パクチーの種をまきます。

大根、ラディッシュ、パクチーの区画
パクチーの種
ラディッシュの種
大根の種

大根やラディッシュ、パクチーなどの栽培準備をしたのは、8月中旬。土作り&施肥、畝立てを行いました。

パクチーとラディッシュは、約60cm×60cmの区画に穴(幅約5cm×長さ約18cm)を6個あけます。市販の穴あきマルチを使えば、穴あけの手間が少し省けます。(穴をつなげるようにビニールを切る。)今回は、区画の大きさと、マルチの穴の間隔・数などが微妙に合わないので、自分で穴をあけることにしました。

パクチーとラディッシュの種まき穴をあける
穴の配置図
穴の大きさの厚紙
厚紙をマルチの上に並べてみる
厚紙に沿ってマルチを切る
パクチーとラディッシュの穴あけ完了

大根は、約60cm×60cmの区画に穴を4つあけます。(マルチにマルチカッターを押し当て、「あたり」をつけた後、表面のビニールだけ切る。)

大根の種まき穴
マルチのビニールを切る
大根の穴あけ完了

種まきは、パクチーが1穴に8粒、ラディッシュと大根は1穴に4粒まくようにします。深さは1cmくらい。爪楊枝などで1cmの深さに押し込みます。

パクチーは1穴8粒まく
ラディッシュと大根は1穴4粒まく
爪楊枝
爪楊枝で種を1cm押し込む
パクチー&ラディッシュ&大根の種、まきました

種に土をかぶせ、手で上から押さえたら、不織布をかぶせます。不織布をかぶせておくと、種の乾燥を防げますし、水やりの水や雨水が直接土に当たらないので、種を保護できます。(種が発芽して、ある程度成長したら、不織布は外します。)

種に土をかぶせて鎮圧する
区画全体に不織布をかぶせる

不織布をかけたら、土が湿る程度に水やりをします。水を与えすぎると、種が腐ってしまうので注意します。

不織布の上から水やりをする

水やり後は、トンネルを作って防虫ネットを張り、害虫の侵入を防ぎます。

トンネル支柱
防虫ネット

トンネル用の支柱(ダンポール)は、畝の内側に向かうよう斜めに刺し込みます。立てる数は3本。等間隔になるよう設置します。

支柱を地面に刺し込む
区画に等間隔で3本立てる

支柱が立ったら、その上に防虫ネットをかぶせ、トンネル状にします。トンネルの両端は結び目を作り、その結び目にUピンを引っかけ、ピンを地面に刺して固定します。ピンをネットに刺してしまうと、穴が空くので注意して下さい。

支柱の上にネットをかぶせる
ネットの端を結ぶ
結び目はUピンで固定

支柱側のネットの固定は、トンネルパッカーを使います。この留め具を、ネットの上から支柱にはめ込み、固定します。トンネルパッカーは、「ツメ」が付いてる方を下にして使います。(ツメを地面に少しくい込ませる。)

支柱側のネット
トンネルパッカー
トンネルパッカーを支柱にはめ込む
ネット下からの害虫の侵入を防ぐ

防虫ネットが余っている部分は、軽く縛ってまとめておきます。

余ったネットはまとめる

あとは、上の部分がズレないよう、洗濯バサミでとめておけば、種まき完了です。

大根、ラディッシュ、パクチーの種まき完了

トンネル栽培は、秋冬の野菜でよく行います。防虫・防寒対策になるので、覚えておくと便利ですよ。トンネルの作り方は、こちらの記事でも紹介しています。

動画版はこちら

大根、ラディッシュ、パクチーの育て方(種まき)- YouTube