青首大根の育て方(収穫)

今回は、青首大根を収穫したいと思います。

青首大根の収穫

青首大根は、8月上旬に土作りをして、9月初旬に種まきをしました。

青首大根の土作り
青首大根の種まき
種まき後は、水やりして、防虫ネットを設置

間引きは3回。9月中旬から約1週間おきに1本間引く、というペースで1本立ちにしました。

青首大根の間引き1回目
間引き2回目
間引き3回目

追肥は、去年はしたんですが、今年はせずに育てました。土作りの時に入れた元肥がうまく作用してくれたのと、好天続きなのが良かったんだと思います。

今年の青首大根は、追肥無しで栽培
元肥だけで育った青首大根

直接関係あるかどうかわかりませんが、追肥しなかった今年の方が、アブラムシの発生が抑えられています。(追肥した去年は、アブラムシ大発生で、結構悩まされました。)

アブラムシ発生の比較

収穫の目安は、青首大根の直径が8~10cmになった頃です。土の中に長く置いておくと、「す」が入る(中身がスカスカになる)ことがあるので、遅れずに収穫するようにします。収穫のタイミングが遅くなると、実が割れることもあるので注意しましょう。

直径9cmまで成長した青首大根

青首大根の収穫は、株ごとです。根元をしっかり持ち、そのまま引き抜きます。

肩の部分を持って引き抜く
収穫した青首大根

収穫した青首大根の長さは、約25cmでした。葉付きで収穫できるのは、家庭菜園ならでは。大根本体+葉っぱも食べられるので、かなりお得です。大根の葉は、刻んでお味噌汁の具にしたり、ゴマ油を使った炒め物にしたりすると美味しいですよ。

収穫した青首大根の長さ、約25cm
青首大根の葉

今回1本収穫したので、残りの青首大根は3本。一度には収穫できないので、様子を見ながら、1本ずつ収穫していきたいと思います。

未収穫の青首大根は残り3本

動画版はこちら

青首大根の育て方(収穫) – YouTube