イチゴの育て方(収穫)

今回はイチゴを収穫したいと思います。

イチゴの収穫

イチゴの栽培を開始したのは、去年の9月終盤。まず、土作りを9月の終盤にして、10月の中旬頃に苗の植え付けをしました。

イチゴの土作り
畝を立ててマルチを張る
イチゴ苗の植え付け

冬の寒さにさらすため、マルチを外したのが11月下旬。12月終盤には摘蕾を少ししました。(早い時期の蕾や花は、春からの成長の妨げになるため。)

イチゴの冬越し準備
冬は寒さにさらして休眠させる
冬の蕾や花は摘んでしまう

年が明けた1月中旬には追肥作業。1月下旬からは、畝の保温をまた再開しました。

イチゴに追肥
畝の保温を再開

2月下旬頃には蕾が増えてきましたが、花は3月から咲かせたいので、摘蕾しました。3月中旬には、いよいよ実が付く準備。イチゴの実が傷むのを防止するため、株の周りに不織布を設置しました。

イチゴの摘蕾
イチゴの畝に不織布を設置

花数が増えて、筆で授粉作業を行ったのが3月終盤。実が大きくなり始めた4月中旬には、防虫ネットを使って、カラス対策を行いました。

イチゴの人工授粉
ネットでカラス除け

で、肝心の収穫の方ですが、今回は1粒でした。1粒だけですが、粒はわりと大きいです。初収穫としては、まずまずの出来なのではないでしょうか。

収穫したイチゴ

イチゴの収穫はまだ始まったばかり。これから色づくという実がほとんどなので、赤くなるのを待って、順次収穫していきたいと思います。次の収穫が待ち遠しい~。

色づきかけのイチゴ
まだ青いイチゴ

動画版はこちら

イチゴの育て方(収穫)- YouTube